興安(シンアン)は1992年に設立しまして、最初はOPP-Filmの包装板を主な業務として、始まりました。当時に、台湾で生産したフィルム製品は殆ど日本へ輸出して、日本の機器に使われていました。その故に、フィルムについての包装と運送の仕方は全部日本の基準に準拠して作ってきました。フィルム製品の汎用化によって、普通のテープや、食品、薬品の包装とか、自動車、ビルの絶縁紙などに、幅広く使われていてます。(細部)