会社概要


興安(シンアン)は1992年に設立しまして、最初はOPP-Filmの包装板を主な業務として、始まりました。当時に、台湾で生産したフィルム製品は殆ど日本へ輸出して、日本の機器に使われていました。その故に、フィルムについての包装と運送の仕方は全部日本の基準に準拠して作ってきました。
フィルム製品の汎用化によって、普通のテープや、食品、薬品の包装とか、自動車、ビルの絶縁紙などに、幅広く使われていてます。興安(シンアン)もお客様と一緒に研究と開発に力を入れて、品質の向上を改善しながら、低コストにも追求してきました。
この数年、PET-フィルム、PE-フィルムは、テクノロジ分野のTFT LCDや、ソーラーパンネルに採用されて、フィルムの包装仕方と運送のプロセスに、無塵や清潔性と安全性の要求基準も高まってきました。その上に、包装材料についてのリサイクルと環境のエコにも重要な課題になっています。
興安(シンアン)は各種プライウッドプレートとパレットの研究製造・販売は主な業務として、国内外でいろんな製品パテントを取っていました。台湾で70%のマケットシェアを持っていて、特にPET-Film、OPP-Film とPE-Filmなどの光学分野に独占。イノベーションとお客様の満足の追求は興安(シンアン)のミーションです。